施設案内

Facilities

観る星空に手が届きそう

天体観測・プラネタリウム
「満天星」

能登に来たら、ぜひ夜空を見上げてください。澄んだ空気が見せる星空は能登の宝物です。この施設には石川県最大の60㎝反射望遠鏡があり、これまでに4つの小惑星(Noto: 1999年、Koikeda: 1999年、Yanagida: 1994年、Kiriko Matsuri: 1999年)を発見しています。月のクレーターまで見える高性能な反射望遠鏡を使った天体観望会や屋外で寝転がっての星空観察は感動的な思い出になるでしょう。プラネタリウムでは4000万個もの星空を映し出し、双眼鏡を使えば肉眼では見えない暗い星や星座を見ることもできます。はるか宇宙に思いを馳せるロマンチックな体験が待っています。

泊まるみんなで天体観測を!

アストロコテージ

上空から見ると屋根が星型になったユニークなアストロコテージに宿泊しませんか。天体観測ドーム付き3棟、小型望遠鏡付き3棟の合計6棟があり、ひとつのコテージに最大10名が泊まれるのでファミリーでの天体観望やグループでの合宿、能登旅行のベースキャンプにも最適です。周囲からの光を遮る天体観測ドームでは最適なコンディションで星空を眺めることができます。小型望遠鏡も高性能なので、季節の星座を探してみてください。

ご宿泊予約に関するお問い合わせは TEL: 0768-76-1860 FAX: 0768-76-1681 までお願いします。
ご利用日の3カ月前の午前9時からお電話でのご予約を承ります。

食べるシェフ自慢のご当地メニュー

カフェ&レストラン
花菖蒲(ピッコロ)

80名を収容できる広々としたレストラン。窓からは芝生の広場が眺められ、開放感があります。シェフ自慢の料理はブランド肉を使った能登牛のステーキや手作りのジューシーハンバーグをはじめ、軽食、和洋定食、会席料理(要予約)など幅広いメニューが揃い、家族みんなでお楽しみいただけます。個室をご希望の場合は和室(30名)、洋室(10名)も完備し、各種会席料理にも対応できますのでお気軽にご相談ください。

食べるアウトドアに欠かせない

バーベキュー施設
「ふれあい館」

園内には屋内80名、野外屋根付き100名を収容できる大型バーベキュー施設があります。グラウンドゴルフやパットゴルフ、園内散策を楽しんだ後は自然の中でバーベキューを楽しんでいきませんか。晴れた日には海の向こうに立山連峰を望み、気分爽快。料理が一層おいしく感じられます。メニューは肉や海鮮セット、サラダ、ドリンク類などをご用意し、屋外施設は材料の持ち込みが可能(有料)です。

食べる能登らしい古民家でひと休み

炉端焼き・休憩処
「合鹿庵」

能登らしい茅葺きの古民家を使った休憩処です。建物は藩政期築で能登の里山から移築されました。土曜・日曜・祝日限定で抹茶とお菓子を提供しており、予約をすれば会席料理や炉端焼きなどをお楽しみいただくこともできます。店名は能登町発祥の漆器「合鹿椀」から名付け、優美で力強いフォルムが特徴の作品を鑑賞できる展示会を開催予定です。ユネスコ無形文化遺産に登録された神事「アエノコト」は毎年ここでも行われています。

買う能登の魅力をテイクアウト

ショップ「お花の日」

植物公園内のショップらしく、店内は季節の草花にあふれています。園内で育てた花苗や全国から集めた季節ごとの特徴的な花苗、ユニークなガーデングッズを揃え、花のある暮らしを提案します。能登や金沢の人気店が手掛けるパンやドーナツ、特産品のジャム、アイスクリームなどご当地の美味しいもの、地元作家による工芸品も販売しています。切り絵や水引細工といったクラフト体験、里山教室など親子でお楽しみいただけるプログラムも開催予定です。

体験するユネスコ無形文化遺産の神事

「アエノコト」を実演

「アエノコト」は稲作を守る田の神様に祈り、感謝する奥能登の代表的な民俗行事です。昭和51年に国の重要無形民俗文化財に、平成21年9月30日にはユネスコの無形文化遺産に登録されました。毎年12月5日、一年の収穫を終えた田んぼから夫婦神である田の神様を迎え、神様がそこにいらっしゃるように振る舞い、ごちそうでもてなします。長く厳しい冬を家族と一緒に過ごした田の神様を翌春の2月9日に田んぼにお送りします。昔は能登町の各農家で神事を行っていましたが、近年は合鹿庵で実演を行っています。

合鹿庵では「アエノコト」を体験できる団体様向けのプランを行っています。詳しくはお気軽にお問い合わせください。